場面緘黙症?

今日、ネットを見ていて偶然みつけた病気です。

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)という病気があることを知りました。

全く違うジャンルのことを調べていて見つけました。

私はこの病気に長年、煩わされているみたいです。

今日、知った病名なので、診断を受けたことはありませんので、
似た症状だけれども、別のものという可能性はありますが、
とても気になるのでブログに残そうと思います。


これは性格ではなく病気だそうです。

私は極度の人見知りで子供の頃から損ばかりしてきていて、
白鳥になれずに家鴨として過ごしています。

人見知りも度が過ぎると生活に不便です。

とにかく会話が苦手で、会話をしないで済むような生活ばかりを選んできました。

子供の頃は、幼稚園に行くのがいやで、
毎日、泣きながら強引に幼稚園へ連れて行かれていました。

幼稚園では、出欠のときも、返事をしたことがなく、お遊戯もしたことがなく、
みんなが外で遊んでいても、一人で教室の中で絵を描いていました。

お弁当を持って行っていましたが、一回も食べませんでした。

これではいけないと自分でも分かっていました。

ある日の出欠は動物の鳴きまねでいいということで、

先生が私の名前を呼んだとき、「わん!」と鳴きました。

それ以来、普通にお返事ができるようになり、お遊戯もできるようになりました。
友達もできてプロポーズもされました。

大人しいけれども、なんとか小学校へ上がりました。

カナヅチなのでプールは風邪を引いたことにしてサボりましたが、
あとは真面目に毎日、学校へ通い、それなりに楽しく過ごしました。
勉強は嫌いでした。

中学校へ入ってから、場面緘黙症が再びひどくなりました。
ある授業のときだけ答えられなくなってしまいました。

他の授業では普通にできるのに、その科目のときだけ
話せなくなってしまうのです。

勉強は嫌いでしたが、その科目は得意でした。
テストの点数が良くても授業中の態度が(ワザとやっているのではないのに)
悪いので、通知表には評価されませんでした。
指名されたので立ちます。でも答えないで、授業が終わるまで勝手に立っている。
(わざとじゃないけど、一言も声を発することができなくて、座ることができなくなる。)
授業が終わると座ったり、普通にトイレに行ったり、次の授業では指名されれば
答える。反抗しているようにしか見えないけど決して反抗ではない。
自分でどうすることもできないんです。

先生が嫌いなわけじゃないです。どうして、そうなってしまうのか
とても悔しいのですが、自分ではどうにも出来ない状態でした。

キッカケが何だったのかも思い出せません。

注目を浴びたくないのに、こんなことになるから、注目をあびてしまい、
イジメの対象になりました。

会話が苦手で、こんな授業態度ですから、クラスに友達はいませんでした。


ずっと、この悪い性格を直さないといけないと思いながら、高校生になりました。

それでも私は高校の授業でも同じ失敗を繰り返してしまったのです。

ある授業のときだけ、指名されても答えないとうい、中学のときと同じ状態になりました。

中学のときとは別の科目で、その科目は得意でも不得意でも、どちらでもありません。

キッカケは、これも思い出せません。
先生が嫌いなわけじゃないのは中学のときと同じです。

極度の緊張が起きて、声が出せなくなって、座れなくなる。
でも、これはいけないことだと、自覚がある。でも、その授業のときだけ、
同じ状態になってしまいます。先生には怒鳴られましたがダメでした。
怒鳴って正したりはできないのです。反抗じゃないので。

休み時間にクラスの誰かが私に言いました。
「また、病気が出ちゃったの?」

私は病気と自覚していなかったので、誤解されたのが悲しかったですが、
言い訳はできませんでした。

それ以来、前から順番に指名されて答えて行く質問のときは、
私だけ飛ばされるようになりました。

それは仕方がないと思います。私にかまっていたら、授業が進まないからです。
私は居ないものとして授業が進められました。
先生にしてみれば、反抗されたとしか思えないですしね。
先生に無視されるのは辛いけど、かえってその方が楽でした。
私は、この科目で失敗しているので、二度と指名はされたくなかったからです。
また、同じ態度をとってしまうのが分かっていたからです。


こんなことは大人になってからは一度もありませんが、
今でも、極度の人見知りで、これは引っ込み思案なんてことでは片付けられない状態です。

これが原因で、今でも色々な場面で損をしているのを自覚しているからです。
これに病名があることを今日、知ったのは、大きな収穫だったと思います。


私は猫を飼っています。猫を獣医に連れていくと、丁度、あの時の私と同じ態度をとります。
家ではリラックスしていて、好き嫌いもハッキリ示してくるのに、
獣医さんのところでは、借りてきた猫になるのです。いつも死んだふりをして動きません。
どんなに身体を触られても、注射を打たれても、ビクともしません。
鳴きもしなければ、もちろん、ひっかいたりもせず、何の抵抗もしません。
ぬいぐるみみたいに止まっています。時間が止まったのかと思うように。
その動物病院は、何人もの獣医がいますが、どの獣医にあたっても、
みんなビックリします。こんな大人しい猫は初めてだと。

恐怖から逃れるための動物的な何かがあるんだと思います。

私の猫が場面緘黙症かどうかは分かりませんが、
私自身は、かなりの高確率で場面緘黙症だと思います。
場面緘黙症の飼い主が場面緘黙症の猫を飼っているっていうことですかね^^;










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント